交通事故への意識

私たちが生活している中で交通事故は常に背中合わせのものです。
自動車やバイク、自転車を運転している時には自分が事故を起こす可能性も巻き込まれる可能性も持っています。
そして、道路を歩行中にも自分が事故の原因となる可能性も事故に会う可能性も持っています。
誰も交通事故を起こしたい、巻き込まれたいと思って生活はしていません。
事故を起こせば、相手に怪我を負わせたり、自分が相手の命を奪ったり傷害を負わせたりすることもあります。
また、事故で怪我をすれば仕事や日常生活に支障をきたしますし、場合によっては死を招くこともありますし傷害を負うこともあります。
実際に、1年間に交通事故で命を落とす人は4000人以上おり、負傷者数も71万人に上ります。
私たちは日常生活の中で常に交通事故の危険の中で生活していることを認識した上で生活をしなければならないのです。

事故を起こさないためにも、自分が巻き込まれないためにも正しい交通ルールを理解すること、交通事故が起こりやすい場所や時間帯といった事故への認識と日頃から意識を持つことがとても重要です。
やみくもに周囲の様子を伺って運転したり歩行したりすることは逆に注意力散漫となり事故を引き起こす原因となってしまいます。
そこで、きちんと注意すべきポイントを理解した上での歩行や走行が大切なのです。
そこで、ここでは交通事故を防止するために知っておきたい注意すべきポイントと、事故の要因となりやすいものについて紹介をしていきます。



<外部サイト>
弁護士が交通事故に巻き込まれた方の相談に乗っています ⇒⇒ 交通事故 弁護士